前立腺肥大症 男性更年期障害 性病

メインビジュアル

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-2 日本精鉱ビル2F

お問い合わせ03-5225-7119

性病 std

性病

性行為でうつる病気のことで、淋病、クラミジア、尖圭コンジローマ、カンジダ、トリコモナス、梅毒、ヘルペス、毛じらみ、肝炎、エイズなどがこれに当たります。

パートナーにうつす可能性のある病気ですのでパートナーを含めきちんと治療をする必要があります。

 

◆ 性病

オーラルセックスの増加に伴い咽頭への感染が増えています。
最近は薬剤耐性菌が増えているため、薬の選び方を含めきちんと治療する必要があります。
通常、一週間以内の潜伏期間を経て排尿痛が出現し、白色に近い膿が出ます。
当院では尿による検査と、トロビシンという筋肉注射、あるいはロセフィンという点滴治療を行っております。

 

 

◆ クラミジア

あまり症状が出ないことがありますが、不妊症などの原因となります。
妊婦検診などでも増えており、きちんとした治療が必要です。
通常1週から2週の潜伏期間を経て、排尿時の違和感が出現し、透明に近い膿が出ます。

当院では尿、または血液による検査と内服薬による治療を行っております。

マイコプラズマとウレアプラズマの検査は、自費¥7,500円(税別)で検査できます。

◆ 尖圭コンジローマ

陰部にイボが出来、放置しておくとカリフラワーのようになります。

当院では液体窒素による治療を行って良い成績をあげています。複数回治療が必要になることがあります。
塗り薬を併用する場合もあります。

◆ カンジダ

女性に多い疾患で、オリモノににおいが付いたりします。
投薬により治療の必要があります。

◆ ヘルペス

水泡のようなものができ、それが破れてただれたような状態になり、強い痛みになります。女性が初めて感染した場合は、排尿ができない位の強い痛みになります。
治療で症状を抑えることはできますが、残念ながら原因のウイルスを死滅させることはできません。たびたび再発する人には、それを抑える治療もあります。

その他、さまざまな性に対する悩みの相談に応じます。ぜひ、お気軽にご相談下さい。

医療法人社団 セントメリー
飯田橋中村クリニック

162-0822
東京都新宿区下宮比町3-2 日本精鉱ビル2F

  • JR線「飯田橋駅」東口より徒歩2分。
    ※ JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)の隣です。

  • お問い合わせ03-5225-7119

受付時間
-
-
【休診日 : 水曜、日曜、祝日、土曜日午後】 第1・3・5土曜日は終日休診

… 木曜日は午後16:30〜18:10です。

お支払いは現金のみです。