【2022年最新】青髭解消・対策方法!青ヒゲをなくすためにすべき7つのこと

青髭解消

青髭は剃るだけでは、なかなか解消できません。
むしろ剃ることで余計に濃くなるリスクがあります。

そこで今回は青っぽい口周りに悩む男性に向け、青髭を解消する方法を7つ紹介します!

半永久的に青髭を生えなくする方法と、薄く目立たなくする方法それぞれ紹介するので、青髭の対策にお役立ください。

目次

青髭の原因!髭が濃くなる原因について解説

そもそも青髭の原因とは何なのか、下記にまとめました。

  • ヒゲの剃り残し
  • 皮膚が薄い
  • 男性ホルモンが多い

これらの青髭の原因について、詳しく解説していきます。

青髭の原因①ヒゲの剃り残し

青髭が目立つ原因として、まず挙げられるのがヒゲの剃り残しです。

剃った直後のヒゲは毛の断面が平になり、黒い部分の見える範囲が広がります。

つまり「点」で見えていたヒゲが「面」で見える状態
黒い部分が大きく見えるので、鼻下やあご全体が青っぽく見える道理です。

古いカミソリやシェーバーなどは切れ味が落ちているため、より剃り残しが目立つ可能性があります

シェービング後の肌がザラザラしていたら、剃り残しによる原因を疑いましょう。

青髭の原因➁皮膚が薄い

青髭の原因は、濃く太い毛が薄い皮膚の下に深く根付いていること。
濃く太いヒゲが皮膚から透けることで、口周りが青ずんで見えます。

そもそも男性の髭は体毛の中でも1番太く、毛根も4〜5mmと深くまで生えているもの。
※他の体毛の毛根の深さは脇毛で約3mm、腕毛で約2mmです。

しかも顔は、皮膚の層が薄い部位にあたります。
他の皮膚の層が平均10層に対し、顔は7層ほどしかありません

ヒゲは根深い毛であることから、表面を剃るだけでは解消されず、皮膚の奥の髭を撃退することが重要です。

青髭の原因➂男性ホルモン(テストステロン)が多い

剃ってもすぐ復活して青髭が目立つなら、男性ホルモンの過剰分泌が原因とも考えられます。

この男性ホルモンは通称「テストステロン」。

活力や精力等の男らしさをつくり、男性には欠かせないホルモンです。
しかし過剰に分泌されると、青髭が濃くなる原因になり得ます。

ホルモンバランスは不規則な生活習慣によって崩れるので、日頃から規則正しい生活を意識しましょう。

青髭を改善する2つの方法

青髭を改善する方法としては幾つかありますが、大きく分けると以下2種類に分類されます。

  • クリニックで永久脱毛する
  • サロンや生活習慣の改善等で薄く目だたなくする

永久脱毛はその名のとおり、ヒゲを生えなくする医療行為。
施すことで半永久的に青髭が生えてこなくなる状態に出来ます。

対してサロンや生活習慣の改善等の自己処理は、青髭を薄く目立たなくする行為です。
永久脱毛は望めませんが、手軽に青髭へアプローチ出来ます

ここからは上記2つの青髭改善方法について、それぞれ解説していきます。

青髭を永久脱毛する方法2選

上述した通り、青髭は永久脱毛することで生えなくすることが出来ます。

クリニックで受けられ、永久脱毛が期待できる脱毛方法は以下の2種。

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

脱毛方法によって効果や特徴は異なります
上記、青髭の永久脱毛が期待できる方法について、詳しく見ていきましょう。

青髭を永久脱毛する方法①医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、体毛に反応するレーザーを照射して青髭を脱毛する方法です。

黒や茶色に反応するレーザー光を照射することで、毛根の組織にダメージを与えます。
表面の毛ではなく毛根にアプローチするので、自己処理と異なり半永久的に毛が生えません

料金はクリニックによりますが、青髭を完全にツルツルするなら約7~10万程度。
分割払いすれば1回飲みに行く程度の支出に抑えられます

クリニックによりますが、料金は総額分割払い

青髭を根本的に解消するなら、医療レーザー脱毛は最良の選択と言えるでしょう。

青髭を永久脱毛する方法➁ニードル脱毛

青髭を永久脱毛する方法として、ニードル脱毛も存在します。

ニードル脱毛とは細い針を毛穴に挿入し、0.5秒ほど電気を流す脱毛方法。
毛根の細胞にダイレクトなダメージを与えるので、永久脱毛効果が期待出来ます

そんなニードル脱毛の料金は、主に以下2つのパターンです。

  • 本数制:ヒゲの脱毛本数で料金が決定
  • 時間制:施術時間で料金が決定

ニードル脱毛は青髭1本1本を脱毛していくので、細かい部分までのデザインも可能です。

青髭から一転して、お洒落にヒゲを整えたい男性におすすめします。

青髭を薄くする方法5選

続いては青髭を薄く、目立たなくする方法を紹介します。

  • 光脱毛
  • 家庭用脱毛器
  • BBクリーム/コンシーラー
  • 抑毛ローション
  • 生活習慣の見直し

どれも永久脱毛効果はありませんが、青髭は自己処理でもある程度薄くすることが出来ます。
上記の方法について、詳しく見ていきましょう。

青髭を薄くする方法①光脱毛

青髭を薄くしたいなら、光脱毛をおすすめします。

光脱毛は「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、脱毛の仕組みとしては上述した医療レーザー脱毛と同じ。
光で毛根に熱を与え、毛を薄くする脱毛方法です。

永久脱毛効果はありませんが、医療レーザー脱毛よりも痛みが少なく済みます。

「永久脱毛脱毛までは求めていない..」という男性は、光脱毛での青髭処理を検討してみてください。

青髭を薄くする方法➁家庭用脱毛器

家庭用脱毛器なら、自宅で手軽に青髭を脱毛出来ます。

医療レーザー脱毛や光脱毛より照射パワーを押さえているので、誰でも使用が可能です。

またクリニックやサロンに通う手間もなく、青髭以外の部位にも使えます。

ただ効果面では医療レーザー脱毛や光脱毛に劣るので、購入しても効果が感じられない場合も

サロンやクリニックに通う時間がない方は、検討するのも1つの手でしょう。

青髭を薄くする方法➂BBクリーム/コンシーラー

外出先でサッと青髭を隠したい場合は、BBクリームやコンシーラーが有効です。

近年では男性用のBBクリームやコンシーラーも販売されており、メンズメイクも浸透してきました。

男性用は「バレない自然さ」を重視している製品が多いので、メイクに抵抗がある男性でも気軽に使用できるでしょう。

サイズ感もコンパクトなので、鞄に1つ入れておくと安心です。

青髭を薄くする方法④抑毛ローション

塗るだけで次第に脇毛を薄くできる「抑毛ローション 」。

剃刀やハサミと違いカットではなく、塗って毛根の働きを抑えるアイテムです。

そのため剃ることで生じるチクチク感もなく、自然な薄さを実現できます。

また保湿液としての役割も担っており、脇の乾燥防止や美肌効果にも一躍買ってくれるでしょう。

大体3ヶ月ほど、髭剃り後に塗り続けてみてください。

青髭を薄くする方法⑤生活習慣の見直し

生活習慣を見直すことで、男性ホルモンの過剰分泌を抑えられるので、青髭の改善に繋がります。

具体的には以下のような生活習慣を意識してみてください。

  • バランスの良い規則正しい食生活
  • 早寝早起き(夜更かしをしない)
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない
  • 禁煙

男性ホルモンが過剰に分泌されるのは、暴飲暴食や睡眠不足などの不規則な生活が原因。

特に喫煙はハーバード大学の研究により、男性ホルモンを増大させることが分かっています。

また上記で「適度な運動」と記載していますが、やりすぎには要注意。

激しい筋トレをすると逆に男性ホルモンが分泌され、青髭が濃くなるリスクがあります。

男性ホルモンで青髭を薄くするためにも、日頃より規則正しい生活習慣を実践しましょう。

絶対にNGな青髭対策

続いては青髭対策において、絶対にやってはいけない3つのことを紹介します。

  • 毛抜きで青髭を抜く
  • 日焼けをする
  • 除毛クリームで青髭を処理する

上記のような対応をしていると、逆に青髭が濃くなる場合も。
これらのやってはいけない対応について、詳しく見ていきましょう。

青髭対策のNG例①毛抜きでヒゲを抜く

毛抜で青髭を抜くのは絶対にやめるべきです。
毛穴から細菌が侵入し、ニキビや炎症の原因になります

またそれだけではなく、毛抜きで青髭を抜くことで以下リスクが生じる可能性も。

  • 埋没毛(皮膚に毛が埋もれる症状)
  • 色素沈着

埋没毛は髭が皮膚に埋もれる症状。
埋もれてしまうと剃ることも抜くこともできません。

色素沈着は一度起きてしまうと中々治らず、さらに青髭を目立たせる要因になるでしょう。

肌トラブルを起こさないためにも毛抜きではなく、上述した青髭改善方法を実践してみてください。

青髭対策のNG例➁日焼けをする

日焼けで肌を黒くして、青髭を目立たなくするのはおすすめしません。
何故なら青髭も含めた様々な肌トラブルの原因になるからです。

  • 肌の老化につながる
  • シミやシワができやすくなる
  • 肌が乾燥する
  • 炎症やニキビ

シミを引き起こすメラニンは紫外線によって発生するもの。
シミだらけの顔になれば、青髭を目立たなくするどころではありません。

また日焼けは肌を乾燥させるので、ヒゲ剃りの際に肌が荒れやすくなるデメリットもあります。

「色」で青髭を目立たなくするなら、上述したBBクリームやコンシーラーを使ってみてください。

もちろん

青髭対策のNG例➂除毛クリームを使う

除毛クリームで青髭を処理するのは絶対にやめてください
除毛クリームは顔への使用が推奨されておらず、肌が荒れるリスクが高いからです。

そもそも除毛クリームとは、毛のタンパク質を分解して溶かすムダ毛処理アイテム。

皮膚の薄い顔に使用した場合、炎症などの肌トラブルを引き起こす原因になります。

また使っている最中に目や口に入ると大変危険です。
除毛クリームは顔やVIOを除く、使用が推奨されている部位にだけ使いましょう。

青髭を解消して清潔感を手に入れよう!

今回は青髭の改善にオススメな方法を7つ紹介しました。
オススメ方法を以下にまとめたので、おさらいしておきましょう。

オススメの青髭改善方法

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • 光脱毛
  • 家庭用脱毛器
  • BBクリーム/コンシーラー
  • 抑毛ローション
  • 生活習慣の見直し

根本的に青髭を解消したいなら「医療レーザー脱毛」が「ニードル脱毛」。
永久脱毛効果があり、半永久的にヒゲを生えなくさせることができます。

永久脱毛効果まで求めていない場合は、それ以外の方法がおすすめです。

生活に取り入れることで、徐々に青髭を薄く目立たなくできるでしょう。

今回紹介した方法を参考に、青髭を解消してみてください。

この記事の監修者

飯田橋中村クリニック院長

飯田橋中村クリニック院長

中村 剛 先生

千葉大学医学部出身。
約20年以上にわたり、泌尿器科専門医として、第一線で泌尿器系癌(前立腺癌・膀胱癌・腎癌等)、前立腺肥大症、腎不全(血液透析、腹膜透析)、尿路感染症、尿失禁、頻尿、尿路結石症、男子更年期障害、性感染症などの治療に携わる。

目次