【2022年最新】ペニスの成長はいつ?大きく再成長させるヒミツの方法

アイキャッチ:ペニスはいつ成長する?

個人差はありますが、一般的にペニスの成長は10代がピーク

身長と同じようにペニスも成長期に大きくなっていきます。
ペニスの成長期間に大きくならず、成人後にペニスサイズでお悩みの方は多いでしょう。

では成長期にペニスが大きくならなかった方は、一体何が原因だったのか?

本記事ではペニスが自然に大きく成長しなかった原因と、この記事では、ペニスが自然に大きくならなかった原因と再成長させる方法を解説していきます。

成長期にペニスが大きくならなかったからと言って、諦めることはありません。
本記事を参考に、ペニスのサイズアップを目指していきましょう。

この記事をお読みの方へオススメしたいのが、人気自信増大サプリであるVolstar Beyond BLAST

1日4粒でシトルリン1,043mg、アルギニン421mg、亜鉛12mgと、配合量は業界トップクラス。
そして商品に自信があるからこそ、永久全額返金保証を付けています。

さらにVolstarは2022年12月現在、破格のキャンペーンを実施中。

Volstar Beyond BLASTを2箱まとめて購入すると、1箱無料プレゼント+他商品も無料で1つずつプレゼントされ、なんと総額から46,560円分もお得になります

キャンペーンの詳細は以下ボタン先に詳しく記載されているので、この機会を逃さずチェックしてみてください。

\実質「無料」で試せる/ Volstar Beyond BLASTの
詳細はこちら!

公式サイトはこちら→

目次

ペニスの成長期は思春期の16歳頃!第二次性徴期が肝心

冒頭で「ペニスの成長は10代がピーク」と述べましたが、具体的には思春期の16歳頃に最も大きくなりやすいと言われています。

「成長」と言われて気になるのが、遺伝関係でしょう。
しかしペニスのサイズは、100%遺伝で決まるとは限りません

一般的にペニスサイズは思春期に大きな影響を受けやすく、この期間を第二次性徴期と言います。

第二次性徴期は、心身ともに大人へ成長するための成長期間。
心身とともにペニスも大きく成長し、成人のペニスサイズに落ち着く道理です。

そしてペニスの成長サイズに関わるのが、成長成分であるテストステロン

主に睾丸から分泌される男性ホルモンで、テストステロンは「男らしさを司るホルモン」とも呼ばれます。
つまりテストステロンは、ペニスの成長に欠かせない成分と言えるでしょう。

ペニスサイズの基準は?

“平均身長”があるように、ペニスサイズにも平均サイズは存在します。

下記はオナホールメーカーとして有名な「TENGA」が実施した、日本人の平均ペニスサイズについての調査。

自身のペニスサイズに悩む前に、まずは平均の大きさを把握して、「ペニスが十分に成長しているか否か」を判断しましょう。

ペニス全体の長さ13.56cm
亀頭の直径3.53cm
竿の直径3.19cm
引用:TEGNA

上記は日本の男性50万人に対し行った、自己申告アンケート結果です。
出典元を見ると分かるように、勃起時のペニスサイズを測定しています。

日本人の平均サイズである「13.56cm」は、うまい棒よりも長くボールペンよりも短いくらい

勃起時に「13.56cm」に達していれば、ペニスは十分成長していると判断しても良いでしょう。

ペニスが大きく成長しなかった5つの原因

サイズアップ期間である第二次性徴期に、ペニスが自然に成長しなかった原因として、主に以下5つが考えられます。

  • 偏った食生活
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • セックス・オナニーの回数不足
  • 重度の包茎

上記の不摂生や症状は、第二次性徴期に促進されるはずのテストステロンの働きを阻害します。

その結果ペニスに成長成分が十分に行きわたらず、大きくサイズアップしなかった可能性が有り。
ペニスが大きく成長しなかった上記5つの原因について、詳しく解説していきます。

ペニスの成長不足原因①偏った食生活

第二次性徴期中の偏った食生活は、ペニスの成長を阻害する原因の一つです。

ペニスのサイズアップ期間である思春期に偏った食生活していると、ペニスに十分な栄養が行き渡らず成長できません。

中でもファーストフードやコンビニ飯は要注意
質の悪いコレステロールを多く含み、テストステロンの生成に大きな悪影響を及ぼすリスクがあります。

ペニスも体の一部なので、大きく立派に育てるにはバランスの良い食生活が必要です。

ペニスの成長不足原因②睡眠不足

睡眠不足もペニスの成長を阻害する原因として挙げられます。

そもそも人間の体は、睡眠中に多くのホルモンが分泌される仕組み。
そのため睡眠時間が少なければ、当然自然に分泌されるテストストロンも少なくなります。

思春期の睡眠不足には、様々な理由があるでしょう。

  • 徹夜でテスト勉強
  • 遅い時間までゲーム
  • 友人の家で朝までパーティー

夜遅くまで遊びたい気持ちは痛いほど分かりますが、一時の楽しさを優先して成人後にペニスサイズで悩むのは本末転倒です。

充実したスクールライフは、夜更かしせずとも手に入ります
ペニスの成長を司るテストステロンを取り逃さないよう、思春期の睡眠は注意しましょう。

ペニスの成長不足原因③運動不足

第二次性徴期の運動不足も、ペニスの成長を阻害する原因です。

そもそもテストステロンは、自然分泌の他に運動をすることで分泌促進が期待できる仕組み。

そのため思春期に運動しなかった人は、していた人と比べてテストステロンの分泌量が少なかった可能性が考えられます。

  • 体育はサボりガチだった
  • 家でゲームばかりしていた
  • 車で送り迎えしてもらうことが多かった

上記に心当たりがある人は、運動不足が原因でペニスが大きく成長しなかったのかもしれません。

運動は大きなペニスだけでなく、心身の健康も保つ習慣なので、今からでも生活に取り入れましょう。

ペニスの成長不足原因④セックス・オナニーの回数不足

第二次性徴期のセックス・オナニーの頻度は、ペニスの成長と深い関わりがあります。

そもそも人体は脳や筋肉をはじめ、使わない部分を省エネしようとする仕組み。
そのため「ペニスを使う頻度」は、思春期のペニスの成長に大きな影響を与える道理です。

しかし子供の頃からの生活環境次第では、セックス・オナニーの頻度が少なくなることも有り得ます。

  • 謝った性教育
  • 家族や友人からの性への冷たい視線
  • 幼少期の性へのトラウマなどの潜在的要因

何かしらの要因で性的欲求が抑圧され、ペニスの成長が不十分や状況になっていたかもしれません。

ペニスの成長不足原因⑤重度の包茎

重度の包茎も、ペニスの成長を阻害する原因の一つです。

包茎とは、亀頭が皮に覆われて露出できない状況のこと。
幼少期は誰もが包茎ペニスですが、放って置くと重症化する場合もあります。

そしてペニスを覆う皮が、ペニスの成長を阻害する要素。

第二次性徴期にテストステロンが十分に分泌されても、皮が陰茎の成長を邪魔する可能性があります。

それだけでなく包茎は、成人後のペニスの再成長すら阻害する場合も。
「ペニスを再成長させたい」と願う方は、まずは包茎の改善に取り組んでみてください。

成長期を逃したペニスを大きくする方法

成長期に大きくならなかったペニスは、何歳からでも再成長が期待できます

ペニスの再成長には、2つのアプローチが必要です。

  • テストステロンの分泌促進
  • ペニスへの血流促進

上記に記載したペニスの再成長に必要なアプローチについて、詳しく見ていきましょう。

ペニスの再成長方法①テストステロンの分泌促進

テストステロンは、成人後のペニスの再成長においても非常に重要です。

思春期に心身の成長に欠かせなかったテストステロンは、成人後は主に「勃起を促す働き」を担います。

つまり「脳が受信した性的興奮」をスムーズにペニスに伝える係。
前述したように、ペニスは使わないと省エネを図ります。

成人後でもテストステロンによって勃起をサポートできれば、結果的にペニスの再成長に近づく道理です。

ペニスは使えば使うほど活性化が期待できるので、積極的に使っていきましょう。

ペニスの再成長方法➁ペニスへの血流促進

ペニスの再成長には、血流促進が欠かせません

そもそもペニスの大部分は、毛細血管の束から成るもの。
勃起とは、この血管組織に血液が流れ込むことによって起こる現象です。

そのためテストステロンが増えて、ペニスにスムーズに信号が伝わっても、流れ込む血液が少量では活性化に期待できません

テストステロンと一緒に血流促進を図ることで、初めて成人後のペニスの再成長が期待できます。
血流促進による、ペニスの再成長プロセスは以下のとおり。

  • テストステロンによってペニスにスムーズに勃起信号が伝わるようになる
  • 血流促進によってペニスに血液が流れ込みやすくなる
  • 勃起力が高まり活性化が期待できる

血流を促進させる方法は幾つかありますが、手っ取り早いのが「ペニス増大サプリ」の服用です。

増大サプリには、食べ物から摂取できる血流促進成分が盛り沢山。
また製品次第ですが、テストステロンの分泌促進も期待できます

サプリなら飲むだけで継続のハードルも低いので、ペニスのサイズアップをご所望の方は検討してみましょう。

ペニスの再成長における注意点

ペニスを再成長させる方法として、以下はあまりオススメできません。

  • 増大注射
  • 増大器具の使用

上記の「オススメできないペニスの再成長方法」について、詳しく見ていきましょう。

①増大注射

ペニスを増大注射で大きくするのはオススメできません

そもそもペニスの増大注射とは、ヒアルロン酸や充填剤を注入して肥大化させるもの。

しかしペニスの増大注射には、以下のような様々なリスクが付きまといます。

  • ペニスの部分的壊死
  • ペニスの皮膚障害
  • アレルギー等の副作用

注射した部分の周辺の血管が塞栓によるペニスの部分的壊死。
また血管が圧迫されることで、皮膚障害などが起こり得ます。

加えてヒアルロン酸は体内に吸収されるため、増大に永続性はなく、約半年から1年程度で元のサイズに戻ります

リスクと陰茎への注射による恐怖、持続性を加味すると、ペニスへの増大注射はオススメできません。

➁増大器具の使用

ペニスに増大器具を装着して大きくするのもオススメできません

増大器具には主に2つタイプがあります。

  • 牽引タイプ:圧力でペニスを引っ張るタイプ
  • ポンプタイプ:圧力でペニスに血流を送り込むタイプ

どちらも圧力によってペニスの活性化を図る物。
しかし器具による圧力は、細かい力調整ができず、ペニスに過度な負荷を与えかねません

そのため場合によっては、亀頭が壊死したり勃起障害に陥るリスクが存在します。

「装着するだけ」と聞くと手軽に感じるかもしれませんが、ペニスへのリスクはきちんと把握しておきましょう。

ペニスは今からでも成長して大きくできる!

ペニスの自然成長は、思春期である16歳頃がピーク。
そしてテストステロンの分泌が増えるこの時間の過ごし方によって、成人後のサイズが決まります。

思春期にペニスが成長しなかった5つの原因を、以下にまとめました。

ペニスの成長を阻む原因

  • 食生活の偏り
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • セックス・オナニーの回数不足
  • 重度の包茎

もし自分のペニスサイズに不満があるなら、増大サプリでサイズアップを図りましょう
飲むだけで、手軽に増大を促すことができるのでオススメです。

女の子にセックスで自慢できるくらいのペニスを育て、男としての自信を取り戻してください。

この記事の監修者

飯田橋中村クリニック院長

飯田橋中村クリニック院長

中村 剛 先生

千葉大学医学部出身。
約20年以上にわたり、泌尿器科専門医として、第一線で泌尿器系癌(前立腺癌・膀胱癌・腎癌等)、前立腺肥大症、腎不全(血液透析、腹膜透析)、尿路感染症、尿失禁、頻尿、尿路結石症、男子更年期障害、性感染症などの治療に携わる。

目次