【2022年最新】射精を我慢する方法を3つ紹介。すぐにイッてしまう早漏の男性必見!

アイキャッチ:射精を我慢

「我慢しても、すぐに射精してしまう…」

いざセックス開始となっても、挿入後すぐに射精してしまい微妙な空気になったことはないでしょうか。

早漏の人に限らず、多くの男性がペニスの挿入時間に悩みを抱えているはず

結論からお伝えすると、原因をきちんと把握して正しい対処を実施すれば、射精を我慢できる時間は改善できます

そこで今回は射精を我慢できない方へ向け、射精を我慢するために意識すべきコツを紹介
射精を我慢できない原因から明確にしていきます。

本記事を参考に射精を我慢できる体制を整え、セックスを思う存分お楽しみください。

【おすすめ!】Volstar Beyond BLAST(ヴォルスタービヨンドブラスト)
この記事をお読みの方へオススメしたいのが、人気自信増大サプリであるVolstar Beyond BLAST

当記事で触れているお悩みへアプローチする成分は、業界トップクラスの配合量を誇ります。

1日4粒でシトルリン1,043mg、アルギニン421mg、亜鉛12mgを摂取可能。
そして商品に自信があるからこそ、永久全額返金保証を付けています。


さらにVolstarは2022年12月現在、破格のキャンペーンを実施中

Volstar Beyond BLASTを2箱まとめて購入すると、1箱無料プレゼント+他商品も無料で1つずつプレゼントされ、なんと総額から46,560円分もお得になります

自信増大サプリを追い求めるなら、一度は試す価値があるアイテムです。

キャンペーンの詳細は以下ボタン先に詳しく記載されているので、この機会を逃さずチェックしてみてください。

\実質「無料」で試せる/ Volstar Beyond BLASTの
詳細はこちら!

公式サイトはこちら→

目次

射精を我慢できないのは何故?

射精を我慢できない原因は幾つか考えられますが、主な原因は以下の3つです。

  • 過敏性早漏:興奮しすぎて敏感になっている
  • 心因性早漏:緊張やトラウマなどの心理的要因
  • 衰弱性早漏:加齢による精力減退
  • 病理性早漏:病気によるもの

早漏を改善し、射精を我慢できる状態にするには、まず自身の「射精を我慢できない原因」を把握しましょう。

ここからは上記の射精を我慢できない原因について、詳しく解説します。

射精を我慢できない原因①興奮しすぎて敏感になっている

射精が我慢できない原因として最初に挙がるのが、興奮でペニスが敏感になっていることです。

ペニスの皮が剝けている人は、日頃からペニスが下着に擦れることで刺激に耐性ができているもの。
しかし日本人の約8割は包茎と言われています。

セックスの最中に皮が剥け、慣れていない刺激を与えられると、少しの刺激で射精感がこみ上げてしまうでしょう。

このようなペニスへの刺激に敏感で射精を我慢できない症状は、「過敏性早漏」と呼ばれています。

射精を我慢できない原因➁緊張やトラウマなどの心理的要因

精神的な要素も、射精を我慢できない原因の一つです。

心理的要素が原因で射精を我慢できない症状を「心因性早漏」と呼び、以下のような心理的葛藤が原因で引き起ります。

  • 幼少期の抑圧された性教育
  • 過去のセックスにおいてのトラウマ
  • 女性経験の少なさからくるプレッシャー

精神的なものの場合は、性行為に対する不安やプレッシャーやトラウマ、日常生活等のストレスなどが原因になります。メンタルが肉体にも影響し、ちょっとした刺激にも反応してしまうようになり、ノルアドレナリンの濃度が高まって早々に射精に至ってしまいます。

引用:早漏症-動坂下泌尿器科クリニック

心因性早漏は、若い人に多く見られる症状
特に【女性経験の少なさ】が若年性の早漏に関係している模様です。

射精を我慢できない原因➂加齢による精力減退

射精を我慢できなくなる原因として、加齢によるものも考えられます

加齢による射精を我慢できない症状は「衰弱性早漏」と呼ばれ、主に30歳以上の男性に多いです。

  • 体調不良
  • 筋肉量の減少
  • 男性ホルモンの減少

上記のような加齢による身体機能の低下が原因で、衰弱性早漏に陥ります。

衰弱性早漏は、加齢や筋力の衰えによって陥りやすいといわれています。これは、年を重ねると射精を我慢する筋力が衰えてしまうため引き起こされる早漏の状態で、絶頂感を感じる前に射精してしまうこともあります。

引用:早漏には3種類あった! タイプ別の原因と対策法とは?-楽天ニュース

加齢によって老いるのは、見た目だけではないということ。
身体機能が低下してしまい、射精感を我慢できなくなる道理です。

衰弱性早漏の方は、後述する改善・予防法を実践しましょう。

射精を我慢できない原因④病気によるもの

射精を我慢できないのは、病気が関係しているかもしれません
治療中の病気が原因で射精を我慢できない症状を、「病理性早漏」と呼びます。

  • 膀胱炎
  • 神経系の疾患
  • 前立腺の炎症

ごく稀ではありますがこれらの病気が原因になって、病理性早漏に陥いることも。

前立腺の炎症、甲状腺の活動性亢進こうしん、または神経系の病気が早漏を引き起こすこともありますが、病気が原因となることはまれです。

引用:早漏-MSDマニュアル 家庭版

病理性早漏の改善方法は、病気の治療に専念するしかありません。
医師の指示を仰いで、まずは病気を治しましょう。

射精は我慢できる!早漏を克服するコツ10選!

イキそうになった時、射精コントロールをするコツを10個紹介します。

  1. PC筋に力を入れる
  2. 別のことを考える
  3. 腹式呼吸をする
  4. セックスの前に射精しておく
  5. 刺激の弱い体位でセックスする
  6. 分厚いコンドームを使う
  7. セックスの場数を踏む
  8. 専門家のカウンセリングを受ける
  9. 男性ホルモンを増やす食生活を送る
  10. 医師に相談する

あなたにできそうな方法を、1つでも多く実践してください。

射精を我慢するコツ①PC筋に力を入れる

射精の我慢に限界が来たら、PC筋に力を入れましょう
PC筋は一般的に「骨盤底筋」と呼ばれ、放尿を止める時に使っている筋肉のこと。

さらにPC筋は、射精コントロールを司る筋肉とも呼ばれています。

骨盤底筋群を鍛えることは頻尿の改善だけでなく射精をコントロールすることもできるようになるといわれます。

引用:骨盤底筋群を鍛えて射精コントロール 頻尿改善にも効果的-夕刊フジ

PC筋は、射精時に精液を放出するポンプのような役割を担っています。

そのためPC筋に力を入れれば、ポンプの役割を果たさなくなり射精を我慢できるようになる仕組みです。

PC筋に力を入れる方法は簡単で、肛門をキュッと締めるだけ
お尻の近くにある筋肉なので、これだけでPC筋に力が入ります。

「イキそうだな…」
と思ったらすぐにピストン運動をやめて、PC筋に思いっきり力を入れましょう。

射精感が引くまで力を入れ続け、キスや体位を変えたりして場を繋ぐのがオススメです。

射精を我慢するコツ➁別のことを考える

射精が我慢できなくなったら、セックスとは関係ない別のことを考えましょう

何故なら頭の中で別のことを考えると、脳が混乱して興奮しすぎを回避できるから。
その結果、射精感を抑えられます。

下記のようなことを頭で考えて、興奮しすぎた気持ちを静めましょう。

  • 計算問題をする
  • 悲しい出来事を思い出す

ただ気を付けたいのが、あまり真剣に考え過ぎないこと。
あまり雑念が大きすぎると、ペニスが萎えてしまうので注意してください。

射精を我慢するコツ➂腹式呼吸をする

射精しそうになった時には、腹式呼吸をするのも効果的です。

腹式呼吸にはリラックス効果があるため、込み上げてくる射精感を緩和できます。

体の面からリラックスする方法のうち、腹式呼吸は、誰にでもすぐにできて効果があるリラックス法です。

引用:腹式呼吸でリラックス-NHK健康ch

そもそも射精は、脳や身体の緊張がピークに達した時に起こる現象。
そのため腹式呼吸で気持ちを落ち着かせれば、射精を我慢できます。

腹式呼吸の正しいやり方は下記のとおりです。

  1. 鼻からゆっくり息を吸い込む
  2. 口からゆっくり息を吐き出す

コツは息を吸う時にお腹を膨らませ、吐く時にお腹を縮こませること。
一定のリズムで繰り返すことを意識してみてください。

射精を我慢するコツ④セックスの前に射精しておく

セックスの前に抜いておくことで、射精を我慢できます。

というのも、射精の後は脳や身体の緊張が解けて気持ちが落ち着くから。
その結果として、セックス中に射精感を抱きにくくなります。

オナニーをするタイミングは、セックス30分前を目安にしましょう。

本番5分前など、セックス直前の射精は勃起が起こりにくくなるので要注意。
あまり直前に射精すると挿入が難しくなるため、セックスに支障がでてしまいます。

オナニーはセックスに支障がでない程度「30分前」を目安に、自分に合ったタイミングを見つけてください。

射精を我慢するコツ⑤刺激の弱い体位でセックスする

刺激の弱い体位でセックスすることで、射精を我慢しやすくなります。

体位の中でもオススメは対面座位
あぐらをかいた男性の上に、女性が乗って抱きつく挿入体位で以下手順で出来ます。

  1. 正常位の体勢になる
  2. 挿入したまま、女性の背中に手を回す
  3. 女性を起こすと同時に、自分の両足を前に持ってくる

この形は男女ともに動きにくい体勢のため、ほぼピストン運動ができません
また互いの体を密着させるので、女性の胸や表情が見えなくなるのも利点です。

性的な刺激を最小限に抑えれるので、射精を我慢する体位として理想的でしょう。

まずセックスを正常位から始めて、射精しそうになったら自然に対面座位へ誘導してみてください。

射精を我慢するコツ⑥分厚い(0.1mm)コンドームを使う

厚手のコンドームを使用すれば、射精を我慢しやすくなるのでオススメです。

日本で販売されている最も厚いコンドームは、0.1mm
いわゆるゴクアツのコンドームは、早漏用に販売されています。

膣のぬくもりや柔らかさも、分厚いコンドームならペニスへの刺激も抑えられるでしょう。

主な分厚い(0.1mm)のコンドームを下記にて一部紹介します。

ただ厚手のコンドームは、ペニスに対する刺激を抑えると同時に女性への感度も下げてしまうので注意も必要です。

女性のことを考えても、ゴクアツは最終手段としてください。

射精を我慢するコツ⑦セックスの経験を積む

セックスの経験を積むことで、心因性早漏の改善が期待できます。

心因性が原因ですぐに射精してしまう人は「オナニーだと我慢できるのに、セックスだとすぐイッてしまう」人が多め。

これはシンプルにセックスに慣れておらず、プレッシャーを感じてすぐイッてしまっている可能性が考えられます。

セックスでプレッシャーを感じないようになるために、数をこなして経験を積みましょう。

相手がいないのであれば、マッチングサイトや風俗の利用がオススメです。
自分の生活と関係がない女性なら、余計なプレッシャーを感じずにセックスができます。

セックスの成功体験が増えれば、自分に自信が持てるようになり、心因性の改善が期待できるでしょう。

射精を我慢するコツ⑧専門家のカウンセリングを受ける

心因性早漏に当てはまる場合は、専門家のカウンセリングも推奨します。

心理的な要因で早漏になっている場合もあります。カウンセリングによって精神的な問題が解消し、早漏が改善する場合もあります。

引用:早漏の治療法は?-ヨミドクター

心因性の場合、自分では気付かない潜在的な性のトラウマが原因になっている可能性も

専門医のカウンセリングによって、原因を明らかにして適切な治療法に取り組むことができます。

また場合によっては、カウンセリングだけで気持ちがスッキリして、症状が改善されることもあるのでオススメです。

カウンセリング希望の人は、性機能に特化したクリニックもしくは心療内科に相談しましょう。

射精を我慢するコツ⑨男性ホルモンを増やす食べ物を摂取する

体内の男性ホルモンを増やして、衰弱性早漏の改善を図りましょう。
食生活を見直すだけで、加齢による男性ホルモンの減少をサポートできます。

  • 牡蠣:亜鉛
  • 山芋:ジオゲスニン
  • タマネギ:アリイン

これらの食べ物に含まれる栄養素は全て、男性ホルモンの分泌を促す重要な成分。

中でも性機能と関り深いのが、牡蠣に豊富に含まれる亜鉛です。

亜鉛は、男性では前立腺や性腺に高濃度に含まれていて、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。亜鉛が欠乏すると性的な機能が低下する可能性があり、アメリカでは亜鉛は“セックスミネラル”とも呼ばれています

引用:男性の守り神「亜鉛」正しくとれてる?−日経電子版

性機能が高まれば、加齢によって低下した身体機能の改善が期待できます。

男性ホルモン増加に期待できる食材を献立に取り入れて、射精を我慢できる体をつくっていきましょう。

射精を我慢するコツ➉医師に相談する

ここまで紹介した射精を我慢するコツを全て実践しても改善されない場合は、医師に相談するのも一つの手です。

というのも、病理性早漏の可能性があるから
上述したとおり、病理性早漏は病気の治療に専念するしかありません。

まずは原因となっている病気を治療することから始めましょう。

治療が終わっても症状が改善されない場合は、衰弱性早漏であることも考えられるので、紹介した方法を実践してみてください。

【注意】射精を我慢しすぎると「逆行性射精」になるリスクも。

ここまでは射精を我慢する原因や、我慢するコツについて紹介してきました。
組み合わせることで、効果的に射精を我慢できます。

ただし射精の我慢のし過ぎは禁物
尿道が痛くなる程ギリギリまで我慢すると、逆行性射精を発症するリスクがあります。

男性がセックスやオナニーで射精を我慢すると「逆行性射精」という症状が起きてしまうことがあります。逆行性射精とは、名前の通り精液を外に出すことを我慢することで、本来、射精時に閉じるはずの尿道口付近の尿道括約筋が開いたままになり、精液が膀胱に戻って(逆流)しまいます。

引用:射精の寸止め練習は危険、と彼氏に教えてあげてほしい理由-messy

逆行性射精とは、精液が膀胱に逆流する症状。

射精感を感じても精液が体外に放出されません。
そのためクセになると、慢性的な逆行性射精となり、男性不妊の原因(*1)になります。

射精を我慢する時は、必ず無理し過ぎないようにすること。
「予兆」を感じたら、すぐ腰を動かすのをやめて安静にしてください。

●参考文献
(*1)…逆行性射精-MSDマニュアル家庭版

射精コントロールをする方法まとめ!射精を我慢して、最高のセックスをしよう。

今回ご紹介した射精を我慢する方法を、下記にまとめました。

射精を我慢する方法

  1. PC筋に力を入れる
  2. 別のことを考える
  3. 腹式呼吸をする
  4. セックスの前に射精しておく
  5. 刺激の弱い体位でセックスする
  6. 分厚いコンドームを使う
  7. セックスの場数を踏む
  8. 専門家のカウンセリングを受ける
  9. 男性ホルモンを増やす食生活を送る
  10. 医師に相談する

日頃からPC筋を鍛えたり、複式呼吸を意識したりすることで、射精に対する耐性が出来上がってきます。

すぐに我慢できる状態にするなら、分厚いコンドームや体位を工夫してみましょう。

これらを実践すれば、イキそうになっても射精を我慢できます。
射精を我慢できない原因を突き止めて、互いに満足できる最高のセックスをしてください。

この記事の監修者

飯田橋中村クリニック院長

飯田橋中村クリニック院長

中村 剛 先生

千葉大学医学部出身。
約20年以上にわたり、泌尿器科専門医として、第一線で泌尿器系癌(前立腺癌・膀胱癌・腎癌等)、前立腺肥大症、腎不全(血液透析、腹膜透析)、尿路感染症、尿失禁、頻尿、尿路結石症、男子更年期障害、性感染症などの治療に携わる。

目次