午前 09:30~13:30 (受付は13:10迄)
午後 15:30~18:30 (受付は18:10迄)

 
午前
午後

△:木曜日は手術日のため、午後は16:30からとなることがあります。
※ 第1土曜日は休診となります。
休診:水曜、土曜午後、日曜、祝日

〒162-0822
東京都新宿区下宮比町3-2
日本精鉱ビル2F
TEL:03-5225-7119

最寄駅:飯田橋駅東口より徒歩2分

前立腺肥大症

前立腺疾患男性には膀胱の下に尿道を貫く形で前立腺が付いています。
本来は射精時に出る精液を作っているのですが、40歳を過ぎる辺りから、尿道を圧迫して尿の出が悪くなったり、尿が出きらなかったり、会陰部(陰嚢の裏付近)、下腹部の痛みが生じたりします。
代表的な疾患として、

が挙げられます。

前立腺肥大症

良性(癌ではない)の前立腺疾患で、尿の勢いがなくなったり、頻尿になったり、残尿感が出たり、夜何回も排尿に起きるようになります。

検査としては、超音波検査、前立腺触診、尿流検査 (尿の勢いをグラフで見る)などがあります。IPSS(国際前立腺スコア)という前立腺の症状を点数化する方法で重症度を評価します。

治療としては、α― ブロッカーという薬がかなり効果があり、第一選択薬です。
また最近、前立腺を小さくする薬(5α還元酵素阻害薬)も出ており、大きな効果を挙げています。
残尿の多い方、尿閉(尿がまったく出ない)方には内視鏡手術(TUR-P)をお勧めします。